同人オリジナルグッズ制作に挑戦【魅力を最大限に引き出せる】

食品パッケージ

商品を魅力的に見せる

パッケージデザインは機能と美しさを兼ね備えている必要があります。ただわかりやすさと美しさは同程度である必要性はなく、商品コンセプトにより選ぶべき会社は異なります。過去の制作実績を見て、予算や納期も確認して選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

カラーチャート

客観的な管理が可能

色については、人が見た目で判断していると、毎回、一定の判断をすることができなくなる場合があります。その為、いつでも客観的な判断方法として、色彩色差計を導入するという方法があります。基準値を設定し、その数値との差異を色差として評価することができるのです。

詳しく見る

冊子

專門的に作る業者がある

同人イベントでオリジナルグッズを販売することが多くなってきています。これらは専門的に作ってくれる印刷会社があるので、評判や実績を参考にして依頼してみましょう。完成度が高く、売れるものをきちんと作ってくれるところがおすすめです。

詳しく見る

デザイナー

魅力的なものを作る

パッケージデザインは目を惹くようなものにしましょう。それだけで購買意欲をかきたてられるお客様が多いからです。もちろん、無料配布であっても魅力的に感じられるものにしましょう。それには印刷業者の力も必要です。

詳しく見る

色見本

作業現場で役立つ色分析

色彩色差計は、一定のルールに従って色を数値化してくれる非常に便利な機器で、主に研究機関や民間企業で重宝されています。特に、品質管理を行う作業現場では、パソコンとの連携が可能で、柔軟性のある使い方が出来る色彩色差計に対して、非常に高い需要があります。

詳しく見る

一から始めるグッズ制作

印刷

ステップに応じたグッズ

初めて同人のオリジナルグッズを作る時は、どの位のコストで何を作れば良いのか分かりづらいものです。初心者の人が手を伸ばしやすいオリジナルグッズと言えば、プラスチックカードやラミネートカードが挙げられます。ラミネートカードはキャラクターイラストの魅力を最大限に引き出せると同時に安価に販売できますので、在庫が残るのが怖い場合でも手を伸ばしやすいでしょう。作る際には、個人で作る場合と印刷業者に依頼して作る場合の2つの方法があります。イベントなどで大量に販売したい場合は、印刷業者に任せた方が作業効率も良くなるので、依頼してみるとよいでしょう。また、こうしたオリジナルグッズは手を加えることでキーホルダーやしおりにもできますので、売れ残った場合は別のオリジナルグッズに変えて販売すると良いでしょう。またorderstickersやシールのような同人グッズは販売するだけでなく販促用に配ったり使用したりすることができますので、こちらも気軽に作れるオリジナルグッズです。オリジナルグッズを作り慣れてきた方が手を伸ばしたいものと言えばスマホケースが挙げられます。スマホは多くの人たちが持ち歩いているものですし、ケースは友達にもプレゼントしやすい雑貨です。こうした同人グッズを制作する際はイラストだけでなくデザイン性にもこだわる必要がありますので、アイテム制作の腕前を挙げたい方にとって良いステップアップになります。またスマホケースを作る際は素材にも注目してみましょう。素材によって加工したイラストの印象や見映えは大きく変わります。雑貨の中でも大型の同人グッズを制作したい方は抱き枕を視野に入れると良いでしょう。自分が描いたイラストをビッグサイズで活かせるのが魅力的なオリジナルグッズです。同人イベントの際などに本と一緒に販売することもできますし、orderstickersなどはおまけとして渡すのも喜ばれるので同人グッズの作成に着目してみると良いでしょう。また、できる限り費用を抑えたいという場合はキャンペーンを行っているのかなど確認しておくことも大切です。また、ステッカー印刷業者を選ぶ際には、複数業者の見積もりを取得することをお勧めします。そうすれば、比較をして選ぶことが出来るからです。また、ホームページを確認して、これまでに納品したアイテムの実例をチェックしましょう。

ビレッグ-Bileg-の口コミ評判まとめサイト

ビレッグの効果は口コミでも評判が高いです。適度な引き締めによって血流促進や基礎代謝の向上が期待できますよ。

Copyright© 2018 同人オリジナルグッズ制作に挑戦【魅力を最大限に引き出せる】 All Rights Reserved.