同人オリジナルグッズ制作に挑戦【魅力を最大限に引き出せる】

客観的な管理が可能

カラーチャート

軸をしっかりさせること

製造業では、ぶれることなく、常に一定の製品を世の中に送り出すことが求められており、製品の特性を決める製品規格を設定しています。この規格設定の際は人が判断する官能検査といった人間のほうが正確な判断ができる項目は残されているものの、一般的には機械の客観的な数値判断にゆだねられている部分が多くなってきています。人の記憶や感覚というものは、その時の状況によって判断が変わることがあり得るため、特に色調に関しては、常に一定の基準での判断を行うことが難しいものです。そういった状況を受けて、色の評価を客観的に行う手段として、通常、色彩色差計が使用されることが多くなっているのです。一般的に色彩色差計は、それぞれの物質の色を3つの数値で表すことができるようになっており、これにより目に映る色に一定の数値を与えることができます。実際に製品規格として管理していくためには、色彩色差計で基になる製品の特性値を計測し、基準値として設定しておきます。そして、製品検査を行う際には、色彩色差計で表面の色を計測し、その基準値との差異を色差で表すことで評価を行います。色差は数値によって、ほとんど差異がない、大いに差がある、といった評価ができるようになっているため、用途に応じて決めることになります。これにより色差の数値内に入っているかを確認し、製品特性によって3点の数値ごとに評価を行い、製品規格に適合していることを確認できるようになっています。

Copyright© 2018 同人オリジナルグッズ制作に挑戦【魅力を最大限に引き出せる】 All Rights Reserved.